15層後にかつての入学ランクの一生のコンタクトを振り返ってみた。

今から約15カテゴリー手前、わたくしは運命の者と出会いました。
それは親友と恩師を一気に手に入れたような鉢合わせでした。

ハイスクールに入学し、加入ナンバー順に生まれ故郷中学生と簡単な自己紹介が終わり、余談時刻になったときのことでした。
おんなじ中学生出身の周辺が何者かいたことはいたのですが、敢えて台を立って言いだしにいくほど仲がいいわけでもないので、
わたくしは1人でボーッとしていました。
わたくしははからずも横に座っていた旦那と眼があったので軽々しい一礼をしました。
すると、
「オモシロ外見。ダサイ人やな」
それが旦那の第一声でした。
再び旦那は続けました。
「自分の外見見てると吐き気がするからここ見んといて」
何故初対面のヤツにここまで言われなければならないのか分かりませんでした。
わたくしが答申に窮していると旦那が畳み掛けるように続けました。
「あ、OK。私もダサイから。だからダサイ個々温かくしよな」
オモシロヤツ。それが私の旦那に対する第最初匂いでした。
でも、今にして思えば、こういう最初件のおかげでわたくしは未来永劫の身近に出会えたのですから、
将来何があるか分かりませんね。
今ではこの日の事案に深くサンキュー。キレイモ vio脱毛