警察官になる為には人柄も合否判定に入れて欲しいです。

大阪府の元巡査長が不倫相手を殺害する事件が、昨年ありました。悲しい事件です。男性の身勝手が全ての事件でした。驚いたことに、妻以外の6人と不倫していたそうです。こんな人が警察官だったなんて信じられません。警察官は人を殺めた人を捕まえるのが仕事です。悲しい事件に苦しんでいる遺族を知っているはずです。それなのに、なぜ人を殺してしまったのかが不思議です。警察官だけあって隠蔽工作もしていたのだとか。反省するどころか、自分を守ることしか考えていなかったズルイ男です。心底腹が立ちます。警察官は正義の味方だというイメージがあるけれど、実際そうでもないです。以前私もあることで相談をしに行ったことがあります。その時の警察官の偉そうな態度に腹が立って、今だに忘れられません。警察には守ってもらえないと悟りました。なので、こんな思いをする人が出てこないように、警察官になる為のテストに、人柄も採用の合否に入るようにして欲しいのです。怖い思いをしている人達が安心して相談出来る、そんな警察官が増えてくれることを願います。ミュゼ 鼻下