気掛かりに困り、布製銭湯マットから珪藻土銭湯マットへ

こういう数か月、客間を使いやすく掃除しやすくを目標に、断捨離を何かと進めている。
今回は、風呂マット。
とうに、キッチンマット、玄関マット、便所マットなどは回収済。
こういう3つは、なくても生活に不具合はなく、かえってノン触発。洗濯する手間も消え去り、フロアーに落ちた水などは市販のモップなどで拭く、屑物も落ちていると際立つ結果、気づいたらアッという間に狙う。そして、なにより、客間が大きく覚える。これで、マット集団はオール投げ棄てました。
ですが、風呂マットだけは何だかニード。もこもこ材料の布製のものを使用してあり、洗濯やれるお日様は四六時中していました。洗濯するのは洗濯機だしな〜っと。
それでも、洗いたての風呂マットとはいえ、使った周囲からびっしょり。四六時中お銭湯上りのたびに触発。。。
そこで、年間ぐらい前から買い付けを検討していた珪藻土風呂マットを再分析。
今まで買い付けに至らなかったのは、金額的な顔と、小物の真実味。
今、ウェブショップで某有名な珪藻土風呂マットの半額以下で見た目配慮が売ってあり、初購入してみました。
数値・・・大満足です!!
はじめてのお銭湯あがり、ドキドキワクワク・・・マットの上に一足、二乗り物、のってみると、スススーササーーっと一瞬でモイスチャーが無くなり、乗り物裏手さらっ二度となりました。
五歩まぶたぐらいには二度と足跡もつかないぐらい。
以後、30取り分後にはすでに足跡もなくなってあり、洗面客席の隙間に立てかけておけば、普段はスッキリ。
夏の間は週間に一括、陰干しやるだけの明快お見直し。
吸水威力がダウンしたらサンドペーパーでまだまだ擦ると効くみたいです。それも一緒にセットになっていました。
四六時中していた風呂マットの洗濯からさようならでき、お銭湯上りの書き込みも最高に気持ちよくて、今日で一番宜しい宅配でした。
この先も長く使っていけたらなと思います。http://www.iberoamericana.co/